S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<!DOCTYPE~>宣言について
実は、今までHTML大好きとか言ってましたが1ヶ所だけ苦手な部分がありました。
それはずばりヘッダ部分。
どうしてもヘッダのところだけは好きになれず、今まで見て見ぬ振りをしてきたのですが
そんな事じゃイカンと思い、色々調べておりました。
(こんなんでHTML好きなどと言ってゴメンなさい)

それでですね、よく<head>よりも<html>よりも上に<!DOCTYPE~>ってあるじゃないですか。まずこのDOCTYPE(文書型宣言)について調べてみたんですけど・・・かなり奥が深い。

簡単に言ってしまうと、『そのページがどんな定義(DTDと言うらしいです)に基づいて記述されるかを示すもの』だそうです。何故そんな定義づけが必要かと言いますと、今まで出ていた古いブラウザがHTML/CSSをあまりきちんと解釈していなかったからだそうです。
過去を清算するために出来た宣言なのですね (*´д`)

で、ここからが面白いところなんですけど・・・このドキュメントを宣言することによって、『過去の誤った解釈を再現する』『仕様に準拠した厳格な解釈をする』か、作り手側で決められるみたいです。


 ・過ち再現ver.
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.0 Transitional//EN"
"http://www.w3.org/TR/REC-html40/loose.dtd">

 ・キッチリ横分けver.
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.0//EN"
"http://www.w3.org/TR/REC-html40/strict.dtd">

 ・フレームも使わせろよver.(番外編)
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.0 Frameset//EN"
"http://www.w3.org/TR/REC-html40/frameset.dtd">


こんな感じです。ちなみに横分けバージョンにした場合、かなり正確なタグを書かないと適用されないみたいです。

DOCTYPE 宣言による「解釈モード」の切り替え
こちらのページの解釈実例編に、それぞれどんな風に解釈されているのかが書かれてます。
見てみると面白いですよ (´∀`*)


肝心のエキサイトブログですが・・・・
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
となっております。この中のXHTMLに関してはこちらが分かり易いかと。

でも凄く疑問なのが、エキサイトブログはXHTMLなのか?ということ。
XHTMLで宣言されている割には、他に必要なタグはないし、なぜかタグ全部大文字だし・・・。
誰かこの謎を説明出来る人いませんか? (;´д⊂)
[PR]
by lupin038 | 2004-09-16 22:27 | ブログ & スキン
total ・・・・・・・
today ・・・・
yesterday ・・・・
タグ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
Other BLOG
Personal LINK

おまいらモチツケ
by lupin038
プロフィールを見る
画像一覧